読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦時下の現在を考える講座

つくば市を中心に活動する独立小グループ。2003 年イラク戦争への自衛隊派兵以降、日本は戦時下に入ったという認識を起点に、戦争と国民国家・ナショナリズムをできるかぎりラディカルに問おうともくろむ、茨城のささやかにしつこく出る杭。主に2 月と8 月に集会・デモを企画するほか、隔月読書会を開いてきましたが、今後は迫りくる<退位/X デー>を見すえて天皇制に的を絞った学習会を定期的に続行中。しかし、ほんとうに戦争が始まった。

「反戦・平和は生きているか?」(15年8月)集会報告

『反天皇制運動 カーニバル』30号(第Ⅸ期・反天皇制運動連絡会、2015年9月8日発行、通巻373号)に載せていただいた去る8月の集会報告を(少しだけ措辞を直して)ここに再掲します。編集部の方々、ありがとうございました。 敗戦七〇年 一日遅れの8・15 反戦…

8/16(日)【集会+デモ】反戦・平和は生きているか?

敗戦70年 1日遅れの8・15 つくば集会 反戦・平和は生きているか? 8月16日(日)◆集会 14:00-16:30 つくば市立吾妻交流センター 大会議室 (つくば市吾妻1-10-1、TX線つくば駅前 つくばセンタービル4F Google マップ) 参加費 500円 Ⅰ.お話 須…

8/10(日) 靖国と天皇教を問う+靖国と天皇いらないデモ(茨城・つくば)

『黙祷と国家を考える―8.15と3.11』第2弾! 8月10日(日) 集会+デモ ※集会のみ・デモのみの参加も歓迎です ◆靖国と「天皇教」を問う 14時~16時30分/参加費500円 ・お話「靖国にいたる道」 伊藤 聡さん (茨城大学教授 日本思想史 著書『神道とは何か―神と…

黙祷と国家を考える―8・15と3・11(7/20・8/10 つくば市)

戦時下の現在を考える講座は、2012年の夏以降、2月と8月に定期的な集会を開いてきました。今年の夏はつくば市で、『黙祷と国家を考える―8・15と3・11』という総題の下、7月20日に<黙祷>についての学習会、8月10日に靖国神社と神道と「天皇教」につ…