読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦時下の現在を考える講座

つくば市を中心に活動する独立小グループ。2003 年イラク戦争への自衛隊派兵以降、日本は戦時下に入ったという認識を起点に、戦争と国民国家・ナショナリズムをできるかぎりラディカルに問おうともくろむ、茨城のささやかにしつこく出る杭。主に2 月と8 月に集会・デモを企画するほか、隔月読書会を開いてきましたが、今後は迫りくる<退位/X デー>を見すえて天皇制に的を絞った学習会を定期的に続行中。しかし、ほんとうに戦争が始まった。

10/16【学習会】生前退位を考える 

学習会/読書会

学習会  生前退位を考える
天皇は本当に護憲派なの?

2016/10/16(sun)14:00 -16:00
つくば市立春日交流センター  小会議室
つくば市春日2-36-1、春日学園義務教育学校向い  駐車場あり Google マップ

資料・室代 300円

今の天皇護憲派として支持されています。でも、日本国憲法にある主権在民基本的人権、平等の原則と天皇の存在は本当は矛盾するものではないのでしょうか?その矛盾は今回の「生前退位発言」にも表れています。

私たちの住む国に、当り前のようにある天皇制について、「生前退位発言」が引きおこした波紋をきっかけに連続で考えていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この学習会では、まずはじめに「天皇ビデオメッセージ」(2016 年8 月8 日放送)を映写した上で、今回の天皇の言動に対するさまざまな立場からのテキストを簡単に紹介し、そのあと参加者みなで自由に話し合い、考えます。なにが問題とされているのか、そして本質的に問うべきことは何なのか?

とりあげる予定のテキストは―
横田耕一天皇の『生前退位』と憲法」(『靖国天皇制問題情報センター通信』8 月号)
小堀桂一郎摂政の冊立が最善」(産経新聞7/16)
小林よしのり「生前退位論  天皇は『国民主権』の奴隷なのか?」(『週間ポスト』8/19・26 合併号)
木村草太「生前退位  明確な基準必要」(朝日新聞8/25)
小熊英二「『お言葉』を受け、考える  天皇と『公務』」(同上)
伊藤晃「『おことば』の目的は国民の議論喚起か  『護憲派』が『明仁派』でいいのか」(『週間金曜日』9/2 号)
太田昌国「『主権』も民主主義もない  もう、たくさんだ!」( 同上、7/29 号)
天野恵一「『天皇の『 生前退位』メッセージをどう見るか?」(『かけはし』8/29 号)
etc...

主催/戦時下の現在を考える講座
tel: 090-8441-1457加藤 / 080-5459-9576鈴木
mail: under_the_war_regime@yahoo.co.jp
blog: http://inwartimeinibaraki.hatenablog.com

twitterhttps://twitter.com/against_war

f:id:inwartimeinibaraki:20161001214922j:plainf:id:inwartimeinibaraki:20161001215001j:plain