読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦時下の現在を考える講座

つくば市を中心に活動する独立小グループ。2003 年イラク戦争への自衛隊派兵以降、日本は戦時下に入ったという認識を起点に、戦争と国民国家・ナショナリズムをできるかぎりラディカルに問おうともくろむ、茨城のささやかにしつこく出る杭。主に2 月と8 月に集会・デモを企画するほか、隔月読書会を開いてきましたが、今後は迫りくる<退位/X デー>を見すえて天皇制に的を絞った学習会を定期的に続行中。しかし、ほんとうに戦争が始まった。

戦時下の現在を考える講座 フォー・ビギナーズ

学習会/読書会

 

 
 
 
 
 
朝日新聞って嘘ついてたの? 従軍慰安婦って本当に日本がそんなことしてたの? そんな疑問を持っているあなたに
初心者(ビギナー)のための入門講座、はじめ〼
テキストは『日本軍「慰安婦」制度とは何か』吉見義明 岩波ブックレット  読んでなくてもOK

日本の近現代史にまつわる問題について考える、初心者のための入門講座、はじめます。もちろん初心者でない方も歓迎です。

  一人の証言が信用できないからと言っても、ほかの証言者や証拠まですべては否定できないはずです。でも今、そんなデタラメがマスコミやネットでまかり通っています。朝日新聞従軍慰安婦報道についての検証記事に対して「朝日は嘘をついていた、従軍慰安婦はいなかった」キャンペーンのことです。このキャンペーンがどう間違っているのか、そしてそもそも従軍慰安婦とはどういうもので、何が問題なのかを考えてみます。
  テキストは『日本軍「慰安婦」制度とは何か』吉見義明さんの書いた岩波ブックレットです。薄くて読みやすい本です。読んでいなくてももちろん参加できます。
  自衛隊の海外派兵が当たり前となった今は「戦時下」ではないでしょうか?