討論会 建国を記念しない集い

討論会 建国を記念しない集い

2月8日(土)19時より
竹園交流センター 大会議室(茨城県つくば市竹園3-19-2 つくばエクスプレスつくば駅よりバス竹園三丁目下車)

発題 藤田康元(大学非常勤講師) 加藤匡通(日雇労働者
   発題を受けて会場全体で討論
参加費500円
 主催 戦時下の現在を考える講座  
連絡先 090-8441-1457(加藤)
 mail: under_the_war_regime@yahoo.co.jp
 blog: http://inwartimeinibaraki.hatenablog.com/
 twitter: https://twitter.com/against_war                 
 

 今年二〇二〇年は東京でオリンピックが行われる年です。メディアはメダルを数え上げるでしょう。首相や都知事はおおはしゃぎをするでしょう。多くの「国民」も浮かれ騒ぐでしょう。その一方、都内の交通は制限され、辻々には警察官が立ち、人々の行動は監視され潜在的犯罪者としてあつかわれるでしょう。そうした上に日の丸や君が代が流され続けるのです。
建国記念の日」は一九六六年に制定された「祝日」です。激しい議論の末に国会で議決されましたが、制定後何年もこの日に自主登校する大学生や高校生が見られました。この日に反対する集会は、参加人数は少なくなったとはいえ、今でも国内各地で様々な形で開かれています。
 この日は戦前は「紀元節」でした。神話に基づく、実在しない人物が天皇に即位したとされている日です。紀元節は明治政府が制定した日であり、一八七二年の制定まで国が作られた日は存在していませんでした。「建国記念」と言う概念そのものが存在していなかったからです。
建国記念の日」は何故存在しているのでしょう?実在したか否かを問わず、一つの王朝が開かれたとされる日が私たちの今いる国の誕生日になるのでしょうか?王朝を開くとは、その地を己が物だと、土地も富も人間も全てが己の支配下にあると征服者が宣言することではないでしょうか?その日が「建国記念の日」だと認めることは、私たちは今でもその征服者の末裔に支配され続けていると認めることではないでしょうか?
 それに、架空の王朝から今日まで、私たちの今いるこの国は同じ国なのでしょうか。天皇による王朝とは異なる支配の形である幕府も鎌倉、室町、江戸と移り変わりました。百五十年前には「明治維新」があり憲法が作られ、一九四五年には敗戦がありその後憲法も変わりました。これらはすべて同じ国なのでしょうか?さらに言えば、私たちが今いるこの国には様々な民族がいます。かつてはもっと多くの民族が大勢いました。彼らは攻め滅ぼされ、あるいは「日本人」に「同化」したとされています。彼らの土地も富も名前も命も奪い、この国が征服者によって「統一」されたのは遠い昔ではありません。私たちは何故その身を征服し統一した側に置いて考えるのでしょうか?本当に私たちは支配した側にいたのでしょうか?
 私たちは今でも「建国記念の日」に反対です。いい加減で好き勝手なことをしている、海外からは極右、ファシストと見なされている政権が日々最長政権の記録を更新し続けている今、改めてその意味を考える集まりを持ちたいと思います。二人の方に「建国を記念しない理由」を話してもらい、その場に集まった皆さんと話をしたいと考えています。関心のある方はぜひ参加を。(集まりを妨害しに来る方はご遠慮を)
 ところで、あなたは建国を記念しますか? 

反弾圧学習会 逮捕されるとはどういうことか 天皇即位式弾圧から考える

反弾圧学習会  逮捕されるとはどういうことか    天皇即位式弾圧から考える

 

12月22日(日)14時~16時

つくば市春日交流センター 大会議室(つくば市春日2-36-1 春日学園義務教育学校向かい)

お話 10・22天皇即位式弾圧被害者

参加費 500円

主催 茨城非安定労働組合+戦時下の現在を考える講座 連絡先 090-8441-1457(加藤)

 

天皇制と人権は両立しない!

 

 

  10月22日に新天皇即位式が皇居で行われました。台風被害のためにパレードは後日となったものの、式典や宴会はこの日から11日間続けられました。

  この日、「終わりにしよう天皇制!『代替わり』反対ネットワーク(おわてんねっと)」が呼び掛けて、新橋から銀座へと「10・22天皇即位式反対デモ」が500名を超える参加者で行われました。デモはプラカードを掲げ、シュプレヒコールをあげる穏やかなものでしたが、ただ歩いていただけの人が三名逮捕されました。三名は十一日後に全員釈放され、不起訴になりました。

   不起訴とは裁判にかけらることができないということです。ではなぜ三名は逮捕されたのでしょう?逮捕とは社会生活上の一切の自由を奪うことです。社会生活そのものを奪うといってもいいでしょう。デモは社会生活上の一切の自由を奪われなければならないような行動なのでしょうか?天皇制に反対の声をあげることは社会生活上の一切の自由を奪われなけらばならないようなことなのでしょうか?そもそも、逮捕されるとはどういうことなのでしょうか?

  その日逮捕され、今は私たちと同じ社会生活の場へ帰ってきた方の話を聞きながら考えたいと思います。

 

 

 

茨城国体反対デモ 天皇は茨城に来るな!天皇制は今すぐ廃止しろ!

デモ

茨城国体反対デモ 天皇は茨城に来るな!天皇制は今すぐ廃止しろ!
9月28日(土)
国体開会式当日 開会式会場笠松運動公園に向けてデモ
茨城国体反対デモ 天皇は茨城に来るな!天皇制は今すぐ廃止しろ!
当日午後1時くらいに常磐線東海駅近辺集合予定 詳細は未定、九月以降に下記に連絡を
問い合わせ 090-8441-1457(加藤)
mail: under_the_war_regime@yahoo.co.jp 
主催 戦時下の現在を考える講座 
twitter: https://twitter.com/against_war
国体なんていらない
私たちに象徴なんていらない、王もいらない
天皇初の国体に抗議の声を!
 九月から十月にかけて茨城の各地で開かれる国民体育大会に新しい天皇がやって来る。こうした行事への出席は、憲法に何の規定もなく、法的根拠もないが、多くの人々はこうした議論への関心を失っている。今回の代替わり自体、前天皇の「退位発言」から始まっているが、憲法によって天皇の政治的発言は禁じられている。しかしそのことはほとんど問題視されなかった。
 開催県が必ず優勝する八百長がまかり通っているスポーツイベントなんかいらない。国体開催に
絡んでおいしい思いをする業界の人々は大喜びだろう。けどそんな恩恵には関係ない人の方が圧倒的に多いし、未だに茨城で国体が開催されると知らない県内の人も多い。盛り上がっているのは本当にごくごく一部だけだ。子どもたちは学校を通じて駆り出され、大人も自治会や婦人会を通じて駆り出される。国体を通じて私たちに動員に慣れさせ、しつけているんじゃないのか。そんなことをするイベントなんかいらない。
 新しい天皇がどんな人物なのかは知らない。だが、彼らと私たちが対等な関係でないことははっきりしている。偉い人がいれば偉くない人ができるのは当たり前だ。天皇とは、存在するだけで「すべての人は平等である」という大原則をぶち壊すものなのだ。偉い人がいる、という幻想より私たちは平等だ、という理想を、私たちは選ぶ。
国民体育大会なんかいらない!
天皇制なんかいらない!

この先もまだまだ取り組める国体反対。各地の仲間たち、これからもいろんな形でがんばろう!
2020年  鹿児島県  2021年  三重県   2022年  栃木県   2023年  佐賀県  2024年  滋賀県   2025年  青森県   2026年  宮崎県   2027年  長野県  2028年  群馬県   2029年  島根県   2030年  奈良県   2031年  北海道  2032年  山梨県    2033年  鳥取県and more!

茨城国体今昔物語ー民主化・汚職・新天皇ー

茨城国体を問う連続学習会

茨城国体今昔物語ー民主化汚職・新天皇

2019年8月11日(日)14-16時半

つくば市竹園交流センター大会議室

茨城県つくば市竹園3-19-2 つくばエクスプレスつくば駅よりバス 竹園三丁目下車 但し一時間一本)

 

参加費 500円

主催 戦時下の現在を考える講座

連絡先 090-8441-1457(加藤)、under_the_war_regime@yahoo.co.jp

 

 

f:id:inwartimeinibaraki:20190803163659j:plain

f:id:inwartimeinibaraki:20190803163629j:plain




ビッグデータがもたらす監視社会 G20デジタル経済・貿易会合への批判

日時 2019年6月8日(土)  

時間・場所  集会 14時から 

       つくば市春日交流センター大会議室つくば市春日2-36-1 春日

       学園義務教育学校向かいつくばエクスプレスつくば駅よりバス 春日一

       丁目 春日二丁目下車)

お話 小倉利丸さん(盗聴法に反対する市民連絡会)

参加費 500円

 デモ 16時半から 会場からつくば駅周辺へむけて

 

主催 戦時下の現在を考える講座 

連絡先090-8441-1457(加藤)

mail: under_the_war_regime@yahoo.co.jp

 

またつくばでやる?

二〇一六年のG7・科学技術担当大臣会合から三年、またつくばに各国閣僚級の集まる国際会議がやってくる。大量の警察官と検問、公共施設や公園からの締め出し、市民とは無関係な式典・イベント。そして抗議行動への刑事弾圧。前回G7つくば会合の成果なんてこんなものしか浮かばない。これらを勘案してもなお、つくば市には国際会議がいいものに見えるらしい。前回に続いて今回も経済効果が謳われているが、ほんとに効果あったのか

 

G20ってなんだ? 

 

G20は〇八年のリーマン・ショックへの対応から始まっている。従来の主要国(と自ら名乗っている)によるG8では対応しきれないので地域の大国に資金協力を仰いだものがG20である。いわばその場しのぎの危機管理だったはずが、いつの間にやらG7と同格の、世界の舵取りを考える集まりになっている。数は増えたがやっていることは同じ。一部の国が世界をどう自分たちに都合よく引き回すかの相談だ。首脳会議は大阪。つくばで行われるのはデジタル経済と貿易の担当大臣会合である。

デジタル経済?

デジタル経済とはITだのAIだのが中心となった経済活動のことだ。この分野ではアメリカのGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)といった巨大IT企業が世界で力を誇っているが、中国のBATH(バイドゥ、アリババ、テンセント、ファーウェイ)も台頭してしのぎを削っている。これら巨大IT企業は世界経済の牽引車と見なされる一方で、独占・寡占状態が進むことによる弊害も指摘されていて、政府による規制が求められてもいる。今回のつくば会合では、その規制のあり方を含め、「信頼性のある自由なデータ流通、持続可能性と包摂性、人間中心のAI等」をテーマに話しあうらしい。

ポイントカードはお持ちですか? 

巨大IT企業は購入履歴の他、無料の検索やSNSサービスを通じて、大量の個人情報をビッグデータとして蓄積している。最近はどこでも会計時にポイントカードの提示を求められることが多いが、提示すればその個人情報もビッグデータの一部になる。スマホ決済をすればもちろんそれもビッグデータの一部になる。私たちは目先の利便性や無料・ポイントのメリットに惹かれてやすやすと個人情報を渡しているが、そこに落とし穴はないのだろうか?

またつくばでやり返す!

各国政府は、デジタル経済を部分的には規制しつつも、基本的には経済成長の力として推進している。その先ある(すでにある?)のはビッグデータによる監視社会ではないのか?

集会では、監視社会の問題に詳しい小倉利丸さんのお話しを聴き、その後、つくば市内をデモします!