連続学習会・象徴天皇制を考えるNo9 三十年前の天皇代替わり時の社会をふりかえる

連続学習会・象徴天皇制を考えるNo9

三十年前の天皇代替わり時の社会をふりかえる

6月24日(日)14時~16時

つくば市立春日交流センター 小会議室

つくば市春日2-36-1、筑波大学病院そば・春日学園義務教育学校向い)

参加費 300円

主催/戦時下の現在を考える講座tel: 090-8441-1457(加藤)

mail: under_the_war_regime@yahoo.co.jpblog

http://inwartimeinibaraki.hatenablog.comtwitter

https://twitter.com/against_war

一九八八年九月二十日の裕仁天皇重体報道を皮切りに、「昭和」から「平成」への天皇代替わりは始まりました。

TVは天皇の血圧や体温を日に何度も報じ、CMから「お元気ですか」と言う言葉が消され、企業や人々は「不敬」呼ばわりされることを恐れて互いに空気を読み合い、様々な行いを「自粛」し、収入が途絶えて自殺へと追い込まれる人まで現れました。

今回の「生前退位」はこうした、明らかに天皇制の存続にとって負の効果をもたらす事態を避けようとして考えられたのでしょう。

もう三十年前の出来事です。そもそも生まれていない人も多いでしょう。前回の天皇代替わりで社会がどう動いたのか、あらためて振り返ってみたいと思います。

連続学習会・象徴天皇制を考えるNo8 『天皇家の財布』を読む

連続学習会・象徴天皇制を考えるNo8

天皇家の財布』を読む

4月15日(日)14時から16時

つくば市立春日交流センター 小会議室

つくば市春日2-36-1、筑波大学病院そば・春日学園義務教育学校向い)

参加費 300円

テクスト『天皇家の財布』森暢平 新潮新書(2003年)(新刊入手可能)

※未読OK。報告者が解説します。

主催/戦時下の現在を考える講座tel: 090-8441-1457(加藤)

mail: under_the_war_regime@yahoo.co.jpblog

http://inwartimeinibaraki.hatenablog.comtwitter

https://twitter.com/against_war

 

天皇を筆頭に皇族たちはどうやって生計をたてているのでしょうか?彼らは勤め人でもなければ自営業者でも、もちろん経営者でもありません。彼らは、私たちが通常言う「労働」=金を稼ぐための仕事をしてはいません。(前の天皇は戦後初の国勢調査で自らの職業を「ある種の公務員」と答えたそうです。)

 幕末までその存在すら多くの人に知られておらず、天皇家は困窮し借金をして生活していたとも言われていますが、維新後に一転してこの国最大の地主となりました。敗戦によってその財産の多くを失いましたが、それでも、彼らは今でも広大な住居や別荘を使い、生活費としては国からおよそ五億五千四百万円をもらっていると言います。

 今回はそんな天皇皇族たちの財政について、『天皇家の財布』を読みながら考えてみようと思います

12/10【読書会】「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」を読む

連続学習会・象徴天皇制を考える No.7

2017/12/10(日)14時-16時

つくば市立春日交流センター  小会議室

つくば市春日2-36-1、筑波大学病院そば・春日学園義務教育学校向い Google マップ

参加費 300円

◆テクスト:天皇の退位等に関する皇室典範特例法」(当日コピーを配布します)

―――――――――――――――

今年6月9日第193回通常国会で「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」と言う法律が成立しました。国会議員たちはアキヒト天皇の意をくんで、現天皇限定の退位を法制化したのでした。同じ会期中に共謀罪も成立しています。権力の意向を忖度する「国民」を作ろうとする法律と、権力の意向を忖度した法律が同じ会期に、しかも権力への忖度が問われていた中で成立したのは愉快なことです。

この法律は条文中に、憲法に規定されていない天皇が行う根拠も曖昧な公的行為をたたえ、天皇への最上級の敬語が連発され、さらに「国民は天皇陛下を深く敬愛し」と書き込まれています。これは本来各個人が天皇をどう評価しようと構わないと言う思想・良心の自由を否定し、天皇に対する「敬愛」を強制する法的根拠とさえされかねないものです。そんな危険な法律がほとんど反対らしい反対もなく可決されてしまうとは、実は相当に民主主義にとって危険な状態ではないでしょうか。

天皇の退位については様々な意見があり得るでしょう。ともあれ法律が作られてしまった以上、この法律に従って事態は動いていくはずです。まずはこの短い法律を読んでみましょうか。

――――――――――――――

主催/戦時下の現在を考える講座
tel: 090-8441-1457(加藤)
mail: under_the_war_regime@yahoo.co.jp
blog: http://inwartimeinibaraki.hatenablog.com
twitter: https://twitter.com/against_war

10/22【読書会】『憲法と天皇制』を読む

連続学習会・象徴天皇制を考える No.6

2017/10/22(日)14時~16時

つくば市立吾妻交流センター  小会議室

つくば市吾妻1-10-1、つくばセンタービル4F・つくばエクスプレスつくば駅A3出口より徒歩3分  Google マップ

参加費 300円

◆テクスト:横田 耕一憲法学)憲法天皇制』 岩波新書 1990年(新刊入手可能) ※未読OK。報告者が解説します。

 ―――――――――――――――

首相の言動が本来は憲法に規定されているように、天皇もまた憲法によって規定されています。

昨年の退位示唆発言以降、天皇制に関する議論は天皇の意向に添う方向で活発化してきましたが「この間の天皇問題をめぐる議論において、しばしば現実の天皇制度を無視したり、軽視する議論が行われている。もとより天皇問題は政治的(憲法)制度としての天皇制度に収まるものではないが、現実に存在する天皇天皇制度がなによりも憲法制度として存在するものである以上、その問題を抜きに現在の天皇問題を論じることはできない」(上記テクストから引用) はずです。

今回は、一年前の退位示唆発言を憲法違反と指摘した数少ない憲法学者の一人である横田耕一の『憲法天皇制』を読みます。前回の天皇代替わり時に出版されたこの本は、昨年11月に「昭和の終焉」から学ぶ 天皇制の「いま」と帯をつけて復刊されました。

―――――――――――――――

主催/戦時下の現在を考える講座
tel: 090-8441-1457(加藤)
mail: under_the_war_regime@yahoo.co.jp
blog: http://inwartimeinibaraki.hatenablog.com
twitter: https://twitter.com/against_war

 

8/13「お気持ち」なんか知らない 忖度しない集会・デモ

連続学習会・象徴天皇制を考える No.5

お気持ちなんか知らない

忖度しない集会・デモ

2017/08/13(日)

◀集会 14時から

つくば市立吾妻交流センター 大会議室

茨城県つくば市吾妻1-10-1 つくばセンタービル4F、つくばエクスプレスつくば駅A3出口より徒歩3分  Google マップ

参加費 500円

▶デモ 17時ころから つくば駅周辺

  ------------------

 集会でのお話 そのあとに会場で議論

産む産まないは誰が決める 

皇位継承問題と象徴天皇制の現在

桜井 大子さん

女性と天皇制研究会 編/共著に『雅子の「反乱」―大衆天皇制の<政治学>』社会評論社2004年、『「女帝」で天皇制はどうなる!?』同1996年、等

皇には男しかなれない。「皇になれる男子を産む」ために存在しているのが皇族のたちだ。天皇性宮家という議論も、現状のままでは近い将来天皇になれる男がいなくなりそうだから考えられているだけで、男平等の話とはつながりがない。こんな性差別を頭に戴いておいて社会は影響を受けずにいられるの? 皇太子の娘・愛子の誕生直後2002年に結成されて以来、ジェンダー・性差別の視角から皇制に切りこみ続けている「女性と天皇制研究会」の桜井大子さんの話を聞く。

 ------------------

▲集会・デモ呼びかけ

う考えても憲法で禁じられている政治的発言なのに誰も指摘しないアキヒト天皇の退位示唆報道とメッセージから1年、「国民」はこぞって「お気持ち」を忖度、退位特例法は共謀罪と同じ会期の国会で全会一致で議決された。でも、本当にそれでいいの?

皇を含め皇族は生まれた時から特別扱い、その理由は血統だけ。皇族を特別扱いする理由なんて本当は何もない。血統で人間をエライ、エラクナイと分けるのは差別以外の何ものでもない。私たちは憲法の第1条・2条に差別が定められている国にいる。産まれた時からエライ人と対等の関係を結んだり、何かをいっしょに行ったりなんてできないよ?(祈られたってうれしくなんかない。自分で増やした仕事が大変なら減らせばいいだけ。いや、そもそも天皇という身分そのものがいらないんじゃないの?)

から私たちは お気持ち」なんか知らない 忖度しない集会・デモ をする。

 

主催/戦時下の現在を考える講座
mail: under_the_war_regime@yahoo.co.jp
blog: http://inwartimeinibaraki.hatenablog.com
twitter: https://twitter.com/against_war

f:id:inwartimeinibaraki:20170714204950j:plain

f:id:inwartimeinibaraki:20170714205035j:plain